JAうごの最高級きゅうり

日本の市場で最も高い評価を得ているJAうご産きゅうり 通称「ブラック」

日本の市場で最も高い評価を得ているきゅうりは、JAうごで生産されています。

JAうご管内の羽後町元西地区は、30年以上前から中央統一市場(現・大田市場)で「最高級きゅうり」の一つとして扱われてきた「元西きゅうり」の産地です。 JAうごはその伝統を受け継ぎ、工夫と改良を積み重ねて、最高品質のきゅうりを作りつづけています。

現在、JAうごのきゅうりは大田市場に「超一流品」と評価され、全国のきゅうりの相場を決定するひとつの指標となっているそうです。

“ブラック”という異名を持つ最高級きゅうり

市場からも最高品質と認められたJAうご産きゅうりは、市場での流通過程で「数ある箱のなかで、ひと目で判断できるようにして欲しい」という声が寄せられるようになりました。野菜といえば茶色か白のダンボールが主流。その中、このJAうご産きゅうりだけがひと際目立つ『まっ黒いダンボール』で流通するようになったことから、生産農家や業界の人々はこう呼ぶようになりました。

JAうご最高級きゅうり=通称 『ブラック』 と。

昔のきゅうりは、もっと美味しかった・・・
その味が、現代によみがえります。

「昔のきゅうりは美味しかった」と感じている人は多いでしょう。
本来、きゅうりは自分を保護するために、ブルームと呼ばれる白いロウを出します。しかしこれが農薬と間違われて嫌われてしまうため、 日本のきゅうりはロウを出さない「ブルームレス」が 主体となっていったのです。ブルームレスは、皮が厚く、日持ちもよくなりますが、その分、独特の風味が失われてしまったのかもしれません。

少年時代、もぎたてのきゅうりをバケツの水で冷やして、太陽の下で思いきりかぶりついていた頃のあの美味しさは、忘れられません。パリッとした食感、みずみずしさ、爽やかな香りと、ほろ苦さ―。きゅうりの美味しさを知り尽くしている産地だからこそ、 JAうごではブルームレスでも美味しいきゅうりを作る追求がなされています。

ハウスきゅうりの収穫の様子

収穫時期のきゅうりは成長がとても早く、わずか数時間でも収穫が遅れると大きくなりすぎ、皮も硬くなってしまいます。
きゅうりが成りはじめると、生産者は毎日朝夕休みなく収穫する作業が続きます。(5月頃~11月頃)
最高品質のきゅうりを出荷するために、生産者は空の動きを気にしながら、ハウスにつきっきりの日々を送ります。

特集 追跡ドキュメント第2弾JAうご産最高級きゅうり ブラックダンボールを追え

ご購入はこちらから!


TOP